OracleがリポジトリマネージャとしてJFrog Artifactoryを選んだ理由

世界中に分散している膨大な数のアーティファクトを簡単に管理するには

profile_picture
Loreli Cadapan
Director, Development Operations at Oracle

Oracleの高い要求水準

Oracle in Numbers

テクノロジー大手のOracleは、世界でも有名な最大手IT企業です。世界中の企業は、Oracleのデータベース管理システム、ミドルウェア、クラウド・ソリューション、ITインフラストラクチャを利用しています。世界中の42万の顧客に届けるために、開発側に4万人のスタッフを雇用して460もの製品を生産しており、スタッフは59カ国以上におよびます。

このように膨大な数のアーティファクトを生み出す大規模オペレーションを、どうやって効率的に管理するか考慮する必要がありました。

Oracleのオペレーションではテラバイト単位のデータに格納された数百万件のアーティファクトが世界中のデータセンターに分散されており、1日あたり数千万件ものアクセスをサポートしていました。Oracleがこの巨大な規模で機能するためには、増え続けるアーティファクトを管理するソリューションが必要でした。

JFrog Artifactoryの選択

2012年初頭にOracleは様々な製品を対象に厳しい評価を行い、最終的にArtifactoryを選定しました。Artifactoryはパフォーマンスとアーティファクトへの高い信頼性を維持しながら、Oracleが必要とする大規模なスケールをサポートできたことが主な理由です。

最初の導入は小規模なグループのプロジェクトであるミドルウェアのビジネスラインから始めました。これが大成功を収めたことで、システム内のアーティファクトに関する詳細が把握できない既存のブラックボックスに手を焼き、オープンなリポジトリマネージャーを探していた他の製品チームの目に留まりました。そしてOracleはすべてがオープンで、誰でもシステムを照会できる計画的なオンボーディングプロセスを開発しました。Cadapan氏は「これは一種のマルチマスタ環境で、全員が管理者となります。Artifactoryにはアクテビティを監視して間違いを事前検知する機能がありますが、メンバー全員がそれぞれ自分の仕事を正しく進めることができるようになったので、結果的にこうした機能は必要でなくなりました」と語りました。

Artifactoryはデータを照会して何が変更されたかを確認できるため、さらに管理しやすくなりました。「これにより、Oracleはシステム全体をイベントモデルで構築でき、開発者はArtifactoryによって自分たちの状況がどうなっているか把握できるようになりました。これにより素晴らしいことが起こりました」Cadapan氏は以下のように続けます。「開発者にプラットフォームを提供することで、メインのチームが作成して管理するのではなく、各チームが独自に複雑なパイプラインを作成できます。つまり大企業でよくある中央集権的な管理システムではなく、それぞれのチームにリリースの所有権を持たせることができます。これによりメインのチームは全体の使いやすさなど、より一般的な機能にフォーカスできます。透明性こそがすべてです」

現在、OracleはArtifactoryを大規模運用しています。1日あたり2,570万件のアクセスがあります。時間が経つにつれて同社の開発エコシステムの大部分はArtifactoryを中心に形成され、事実上開発の中心となりました。そしてOracleは一連の開発プロセス全体を再検討することにしました。言い換えれば、OracleはArtifctoryを単なるバイナリリポジトリとして導入しただけでなく、開発エコシステム全体を検討し、Artifactoryの周辺すべてを全面的に最適化しました。Cadapan氏は「これは古いプロセスを捨て、新しいやり方に移行するいい機会になりました」と語っています。

Artifactory Service

JFrogの迅速なサポート

OracleにおいてArtifactoryの導入が成功したのは、製品の使い勝手や機能だけでなくJFrog社員によるものも大きいでしょう。Oracleのさまざまな組織がArtifactoryを導入するにつれ、JFrogはきわめて迅速で有益なサポートを提供し、Artifactoryのロードマップを定義する際には同社のニーズに非常に気を配っていました。製品導入の成功にはサービスを提供する企業がどれだけサポートできるのかにかかっていることを、Oracleは理解していました。

「Artifactoryが選ばれたのは製品の機能に加えて、JFrogチームがOracleのニーズに応えたからです」
Loreli Cadapan, Director, Development Oparations at Oracle
OracleがArtifactoryを選んだ理由
世界最大規模のエンタープライズ環境をサポート
ほぼすべてのメジャーなテクノロジーをサポートする包括的なソリューションの提供
非常に強力かつ迅速なJFrogサポートスタッフの存在

最後に

ArtifactoryはもともとOracleのミドルウェア部門で導入されたに過ぎませんでしたが、すぐに他のプロジェクトマネージャから注目されるようになります。Artifactoryはリポジトリの透明性とインサイトを開発者に提供し、開発パイプラインの所有権を持たせることを可能にしました。そのためますます多くのチームがArtifactoryに移行し、結果的に驚くほど大量のアーティファクトを扱っていることが明らかになったため、JFrogがOracleのような大規模のオペレーションを管理するのに最適であることが広く知れ渡るようになったのです。

Artifactory logo

Release Fast Or Die